おだやかに

いつか飛び立つその日まで

海外遍歴

気軽に旅行も遠出もできなくなった今、自分の中で海外行きたい!どこか行きたい!欲がむくむく湧いてきたので、気持ちを落ち着けるために過去自分が旅行や留学で行ってきた国ときっかけでも簡単に書いてみる。

そもそも自分はなんでこんなに英語学習を頑張っているのかというと、大学在学時に交換留学で滞在したScotlandや旅行で訪れた海外諸国に旅愁の思いを馳せているのもあり、自分の中に漠然とある「いつか海外で暮らしたい」という思いが根強いから。

さてさて、こうした思いのきっかけはどこから始まってるのだろう。写真とかはスマホを変えたので全然残ってない。残念。

1. New Zealand 2012年6月

最初に海外へ旅立ったのは高校2年生の時、当時通っていた高校が総合学科で、修学旅行でニュージーランドへ行ったことが最大のイベントだった。初めての海外旅行だったのでパスポートはこの時に初めて作った。当時の英語力は、普通に授業内で単語や文法を勉強する程度で、挨拶とかができるくらい?現地では、3日ほど牧場を経営しているお家に同じ班の子とファームステイした。まあその時は、同じクラスメイトで固まってたので、会話とかは乏しかった。Would you like cookie?とかしか覚えてない。滞在先の牧場はまじで隣の家が数キロ先にあるらしくてえげつないほど広かった。NZの家庭の味は美味しかった。観光は、洞窟とか街を散策したくらいでこれも記憶が薄れている。今度は一人でまったり行きたいな〜。

2. Florida 2014年8月

その後、大学に入学した年の夏休み、お盆の期間に母と二人でフロリダに行ってきた。なぜフロリダだったのかというと、当時母が通っていた英会話の先生がフロリダ出身だったからだと思う。フロリダ行くぞ!ってなってから、私もその英会話教室に通い始めた。今も通っているところ。フロリダには5日間ほど滞在し、ほぼすべてDisney Worldで遊んでた。ツアーに参加してたので、現地で他の日本人家族と一緒にディズニーのアトラクションを回ったりした。他の家族の方がちょっといいホテルに滞在してたけど、自分たちが泊まったところは、トイストーリーだったので満足してた。

初めてのアメリカの感想は、土地広っ!太ってる人多っ!ごはんでかっ!って感じでどれも新鮮だった。英会話は習いたてで特に現地の人と交流することもなかった。ごはんの美味しさはうーんって感じ。ホテルの紅茶は不味かった。

そしてフロリダのディズニーワールドは隣にユニバーサルスタジオが隣接していて、なんとハリーポッターのあの列車で行き来ができるのだ!これが一番興奮した!ハリポタの魔法の雰囲気はやっぱりフロリダのが良かったよ〜、日本のは行ったことないけどね。

ディズニーを後にして、次は車を借りてココビーチっていうローカルなところへ。ここには当時通っていた英会話の先生ことJerryのご実家があるのでお邪魔しました。一緒に晩ご飯を食べました。ご飯は美味しかったけど、お茶は甘かった。会話はほぼ母に任せていたので、英語力は発揮できず。

他には、NASAの博物館へ行って本物のスペースシャトルなどを見たりした。楽しい思い出でした。

3. Glasgow in Scotland 2016年9月〜12月

フロリダを訪れて、英会話に継続して通っていたので、たぶんこの頃から海外に滞在する、海外の学校で勉強するみたいな気持ちが強くなっていたのかも。交換留学目指して、1年生の春休みから独学で英語を勉強しはじめた。そして当時から好きだったハリーポッターの日本語訳がひどいよねということに気づき、「よし、英語で読むぞ」と気合を入れていた。

当時の自分の英語学習は以下の記事のようにしていました。 asssy.hatenablog.jp

そしてTOEFL ITPテストで留学可能なギリギリの点数を取り、無事Scotland🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿へ渡英しました。初めてのイギリス。ただしお金と時間はあまりなかったので、ロンドンやアイルランドへは行けてないです。

初めての海外一人旅、エミレーツ航空を選んだら、なぜか行きはビジネスクラスだった。贅沢な経験。機内食も美味しかった。

現地での滞在先は、4人用のフラットを同じ大学からの1人と千葉大学から来た2人の日本人でシェアしてました。シェアしてるのは、キッチンとリンビングとシャワー室とトイレで、それぞれ個室がありました。フラットメイトが全員日本人ということも現地の情報交換やどこどこ行ってきたなど観光情報や、授業の様子など話せて楽しめた。

3ヶ月間、通学していたのはグラスゴー美術学校という、日本で言う専門学校に近いんだけど、でもグラスゴー大学と提携しているの単位や学士はもらえるという教育機関でした。コースによって建物が街中に散らばっているので、私が通っていたインタラクションデザインコースは、少し端っこの方に位置していました、

コースは、それぞれ1〜4年のクラスに分かれていて、どのクラスも少人数でした。私は3年生のクラスと一緒に授業を受けてました。授業形式は、Hnads-on形式で進んで手を講義よりも手を動かして短い期間で課題をこなしていく感じでした。

Scottish accentにも苦労しつつ、自分の英語力の低さも痛感しつつの3ヶ月間でしたがまあそれなりに楽しく過ごして良い思い出になりました。無事に単位も取れたので良かったね。でももっとlisteningとspeakingは勉強しておくべきだった。帰国する直前に、IELTSという試験があることを知ってこれじゃん!と思って日本に帰ってからも、卒制と就活で中断するまでは英語学習は続けてました。

GlasgowはScotlandではエディンバラの次に大きい街でメインストリートにもいろんなお店やローカルなパン屋さんやフィッシュアンドチップスのお店がありました。フィッシュアンドチップスは何回も食べた。油&油だけど美味しくて好きだった。日本食レストランは微妙。中華レストランで食べた火鍋は美味しかった。

何より、石畳の道や昔からある古い建物が織りなす街の景観が好きで暇ができたらただひたすら街に出歩いていました。メインストリートを通って、広場まで出たり、知らない道を歩いてみたり、ちょっと遠くまで行ってみて公園でサンドウィッチ食べたり、展望台の上まで登って街全体を見回したり、なにもかもが自分にとって最高でした。また行きたい街第1位だよ。

Willow tree roomというカフェでアフターヌーンティーしたり、博物館や美術館へ出かけたり、観光地へ行ったり、カフェでカプチーノ頼んでも、なぜか紅茶が出てきたり。一番のいい思い出。次はロンドンから電車で行きたい。

4. Barcelona in Spain 2017年8月

大学最後の夏、親と5日間ほど初めてのヨーロッパ、スペインへ行った。滞在したのはバルセロナのみで、マドリッドまでは行けなかった。でもバルセロナの観光名所という名所は巡りまくったので大変満足。

初日は、空港からホテルへ向かって荷物下ろしたあとは、ホテルから歩いてすぐのレストランで適当にごはんを食べた。注文の仕方が分からんかったけど、タパスとかおつまみ系のお店でった。

次の日の朝は、有名な大通りを歩いてマーケットでサングリア飲みつつ散策したり、ジェラート食べたりして、ぶらぶら街歩きをした。その日の昼くらにかの有名な工事現場ことサグラダファミリアへの中へ入った。中は本当にきれいで荘厳な内装でした。建物の塔や装飾も果樹をイメージして作られているらしい。表と裏の外壁も異なっていたり、エレベーターで上まで登ってバルセロナの街並みを一望したり、圧巻でした。 f:id:asssy:20200503222410j:plain

f:id:asssy:20200503222414j:plain
内装
f:id:asssy:20200503222359j:plain
内装

f:id:asssy:20200503222406j:plain スペインで食べたご飯が今までの海外旅行で一番美味しかった。イカスミのパエリアやピザ、タパスどれも美味しかった。ちなみにこの時は実家の近所にあるスペインバルでバイトしていた。

サグラダファミリア以外のガウディの建築物も見たり、中に入ってみたり、街歩きで見つけたピカソ美術館へ行ってみたり、チュロス食べたり、ワイナリーツアー行ってワインやシャンパンの製造工程を見学したりと盛り沢山に楽しめました。

ただ残念なことに、帰国する日の前日、派手なトカゲがいる公園に行った帰りの電車が急に止まってしまい、乗客は全員降りろと言われ、わけもわからず地上に出たら、実は最初の日に行った大通りでテロが起こってしまった事件がありました。テロが起こったのが有名な通りでそれなりに街の中心部だったので、午後で電車が全く動かず、道が分からないのでとりあえずホテル近くの道まで連れていってくれるバスに乗って無事に帰りました。

ホテルに戻ってニュースみて、惨劇について知りました。

帰国日の空港は、テロの影響で警備が厳重になっていました。なんとかお土産をスーツケースに入れて日本に帰ってこれました。スペイン、今度はバスク地方に行きたいな〜。

5. Taipei in Taiwan 2018年10月

5カ国目!5カ国も行ったのかという思いと、まだ5カ国しか行ってないのかという思い。もっと海外旅行したいな〜。さて、これまでは親のお金で贅沢な旅行が出来ましたが、社会人になって友達と行った旅行は1泊2日の弾丸旅行でした。週末の昼すぎに成田空港から出発して、台北に着いたのはその日の夜。飛行機から見た台湾の夜景がきれいでした。flight時間も長すぎなければ楽しいよね。

お目当ては夜市だったので、着いてホテルに荷物置いたら近くでまだやってそうな市場でご飯食べました。10月だったけど、寒すぎず過ごしやすい気温でした。屋台で買った何かのお肉も美味しかった。

次の日は、バスに乗ってなんか大きいマーケットみたいな場所に行った気がする。そこで小籠包食べました。美味しかった。ハンドクリーム買ったり、台北美術館でマグリッドの展示を見たり、街を歩いたり、そしてまた暗くなると夜市を渡り歩いたりした。九份や観光名所には行ってないけど、美味しいもの食べて台湾の空気を味わったのでわりと楽しかった。次行くなら台北から電車に乗って高雄まで行ってみたいな〜。

ざっくり思い返して書いてみたけど、どれもいい思い出で世界の国々ってこんなに面白いんだな〜と改めて分からせてくれる旅行でした。旅行行きたい。どこでもいいからどこかに行きたい。