穏やかに

英語学習の記録と読書メモ

学校リサーチ、再び

前回こんな記事を書きました。この時点では本命はエストニアのまま、いくつか北欧やヨーロッパを中心に学校を探していました。

blog.harukaashiuchi.me

blog.harukaashiuchi.me

それからというもの、本命国であるエストニアがワーホリ加盟国になっていたのを知り、これは行かなきゃ!という気持ちで来年以降の渡航を踏まえていろいろ準備中です。まだ資金も語学力も足りていないのですが、このワーホリ渡航は後の大学院留学につなげるものにしようと思っています。いわゆる視察です。

ワーホリについていろいろ調べていくうちに、オランダやドイツもいいよな〜と思えてきたんですが、でもやっぱり今一番行きたい国に行くのが後悔しなくていい。なんせ北欧からなら、オランダ、ドイツにも飛行機で行けるぜと考え直したのであります。加盟国になったばかりのオランダ、エストニアはまだビザに関する情報が明らかになっていませんが、今年中には情報が出てくるでしょうか?

学校の探し方

さてさて、本題の学校探しに戻ります。エストニア以外の国に行ってきた感想をブログなどで読んでみるともっと他の国にも目を向けてみようかなと思い、再度学校探しを始めました。 https://www.mastersportal.com/という大学院探しに持ってこいのサイトがあって、ここからタリン以外の学校も北欧を中心に探しています。学部も探せるので現在大学生の方も探してみてください〜。 前回見たときよりデザインなどが変更していて気になる学校を比較できたりしてよりよくなっています。

実際に留学した人からのレビューがあったのですが、書いている人の母数にバラ月があったので良い評価コメントのみ信用することにしました。本命は10人しか書いてなかったし。

そして探してみて良さそうな学校リストは以下の7校になりました。前回の記事ではMICAやCIIDを入れていましたが、前者は街の治安が悪いのとアメリカなので学費が高い、後者は2人から推薦状が必要となるのでリストからは除外しました。

  1. [本命]Estonia Academy of Arts
  2. Tallinn University
  3. [第2]SUPSI (University of Applied Sciences and Arts of Southern Switzerland)
  4. Malmö University
  5. FH JOANNEUM UNIVERSITY OF APPLIED SCIENCES
  6. Umea University
  7. CHALMERS UNIVERSITY OF TECHNOLOGY

スイス以外全部北欧となりました。必要な書類はある程度共通していたり、逆に職歴はいらなかったりしますが、この辺は学校のサイトで確認する必要がありますね。 そして足切りとなる英語のスコアがIELTS5.5 - 6.5になります。大学院留学ではIELTS6.5 (全てのパートで5.5以上)が必須です。 国によっては現地の言語がある程度必要になってくるみたいですね。

この辺りの事柄はまた細かくスプレッドシート なのでまとめて表にした方がいいですね。Notionnのテーブルはなんか使いにくい。

あとどの学校が良くて、自分に合うのか誰かに相談したい。イギリスやアメリカについてはたくさんあるけどヨーロッパ、特に北欧は数が少ないですね。 相談にのっていただける方募集中です。

次にやること

  • 学校ごとに学費や生活費、提出する書類などを表にまとめる

  • 今年中にIELTS5.5-6.5を取る